logo-2

小澤竜太の年間個別指導を検討中のあなたへ。

りんごさん

情報商材アフィリエイトの実績・1年間で6万円 → 指導開始後、1年間で50万円以上を達成した「りんごさん」は…

なぜ「年間個別指導(対面コース)」を通じて

実績を伸ばしたのか?

その秘密をお伝えします。

りんごさん
情報商材アフィリエイトの実績・1年間で6万円 → 指導開始後、1年間で50万円以上を達成

シニアアフィリエイター・りんごさん

岡山県出身。情報商材アフィリエイトを開始し、1年間で合計6万円の実績を出すが、「まだ物足りない」と思い、年間個別指導の受講を決意。

その結果、情報商材の販売本数自体も伸び、今まで避けていたコンサルの募集し、年間で50万円以上(去年の8倍以上)を稼ぐことに成功する。

りんごさんが受講したコース

対面個別指導コース(岡山から東京まで)

「自分はこうだから」「自分の好きなのは」という考え方を外されたことが飛躍のきっかけ

僕から見たりんごさんは「こだわりの強い人」です。

 

「私はこうだから」

「私はこうしたい」

「私はそれをやりたくない」

 

といった感じ。

 

それがいい風に働けば「個性」に昇華します。実際、りんごさんはかなり個性的で、そういうりんごさんが好きで、りんごさんから買った人も多かったのですが…

ただ、その「こだわりの強さ」が逆に、成長を妨げているきっかけにもなっていました。

 

だから、りんごさんに言ったのは

 

「りんごさんのやりたくないって気持ち、そんなの僕は気にしないから(関係ないから)」

 

という言葉。言い換えればこれは「いいからやってください」と言っているようなもの(笑)

 

りんごさんを含めたほとんどの人は、自分の苦手・やりたくないを、今までの人生経験から「決めつけて」います。やってもいないのに、です。

 

りんごさんがこれ以上成長するためには、簡単に言えば「今までやってきたことがないようなことや、やってきたことがない作業量をやってもらう」ことでした。

でも、いままでの人生経験から、「それはできない」「やりたくない」と、決めつけていました。

だから、このブロックをまずは外さないと、絶対にいま以上成長することができないんです。そうして出てきた言葉が、

「りんごさんのやりたくないって気持ち、そんなの僕は気にしないから(関係ないから)」という言葉です。

やりたいことで結果が出るなら、とっくに
「金銭的実績」は出ていますよ

やりたいことをやりたいようにやって結果が出るなら、とっくの昔に「金銭的実績」として出ています。

結果が出てないのであれば、何かが間違っているんです。
じゃあ、その間違えている原因となるものを見つけ、外さないといけない。

 

実際、かなりの量の作業を「やってください」と伝えました。

 

「月に2本のレビューページを書いてください」

「個別にメールを送ってください」

「月に7本以上、マストで売ってください」

「コンサルを必ず獲得してください」

 

など、りんごさん一人では「思いつきもしないし、やろうともしなかった」ことを伝えています。

ただそれは、何度もお会いしているうえで「りんごさんなら絶対にできる」「これをやれば絶対に売上が上がる」と、確信していたからこそです。

 

結果的に、りんごさんは

  • ディスカバリーアカデミーの販売本数・月間1位を獲得(2020年7月)
  • 募集してない個別指導に、申し込みたいとメールしてくる人が出てくる
  • 年間6万円だった実績が、年間50万円(2020年10月現在)にまで伸びる

という実績を出すことができました。

受講開始時の実績は、決して大きいものではありませんでした。

 

ただ、年間個別指導を受講し、しっかり実践していただければ…ここまで伸ばすことが出来るんです。

実は12月に向けた戦略もお渡ししており、更に売上も伸びるものと思われます。
りんごさんには確か「月収50万円はいくように」と伝えているはずなので…(100万円だったかな?)本当に楽しみです。

小澤竜太の個別指導では、「いま、あなたがやれば売上がアップすること」を教えます

個別指導開始1年で月収130万円を達成したマルコさんや、今回のりんごさんのように…
「いま、あなたがやれば売上がアップすること」を教えています。

あなたの「やりたい・やりたくない」は、関係ありません。それは大抵の場合、思い込みだから。遠慮なく、「いま、あなたがやれば売上アップすること」を伝えます。

 

でも、今回のりんごさんのように、やった人は最後には必ずこう言います。

 

「やってよかった」

「自分の思い込みだった」

「楽しかった」

 

100%、そう言われています。

結局…いまあなたが「やりたくない」と思っていることは、ほとんどが「思い込み」「食わず嫌い」「マインドブロック」です。

 

僕も経験してきたし、年間個別指導のクライアントさんも全員がそうでした。

りんごさんの実際の声

りんごさん
シニアアフィリエイター:りんごさん

情報商材アフィリエイトの実績・1年間で6万円 → 指導開始後、1年間で50万円以上を達成

<はるかな高みへ来ていた。>

1年の振り返りをするために1年前に作成した目標シートを眺めて驚きました。そこに書かれていることを全部クリアした訳ではなかったのですが、驚いた理由は、現状の成果(結果)は書かれている内容をはるかに超えていたからです。
次元が違うところに来ている、レベルも段違いに上がっていることに気づいたのです。シートに書かれた内容は当時の私には精一杯の計画でした。思いつく最高の結果だったはずです、でも1年経って思い付きもしなかったことが達成できていました。

<とりあえず行動することが習慣になった>

毎月の面談や日々のチャットワークで示される内容は、私の思い及ばないことばかりでした。「別途、専用でメルマガを配信しましょう、勿論LPも別に作ります」「個別コンサルやりましょう」等、やるべきことは理解できることですが、心の声で「めちゃくちゃめんどうくさい」「えーやるの!」と叫びたくなることばかりでした。
でも、この個別面談を受けると決めた時に自分とした約束【妥協しない、手抜きしない、120%出し切る】を支えに、ただひたすらに作業する、考えているだけの時間はいらない手をうごかさない時間は作らない、そんな日々でした。

おかげで、考えるだけ(悩むだけ)の時間は消えてしまったことを実感しています。
目標を決め期限を決め、やるべきことを淡々とやり遂げるそれが普通になりました。
褒められるから、怒られるから、それが理由で行動したりしなかったりということもなくなりました。
思いついたらとにかくやる。無駄なことは省く、迷わない、間違ったらやり直す。
助言は全て聞く「でも」も「だって」も消え「そうか」「なるほど」が口癖になりました。

<行動が変わると考え方が変わった>

そうして、行動が変わることで、考え方も変わりました。一番変化を感じるのは、ユーザーさんへの言葉です。同じ内容、同じ気持ちのはずなのに、明らかに選ぶ言葉が変わりました。伝えるための言葉にすることをたくさん学びました。曖昧さや優柔不断さが改善され、伝わる力も上がったと感じます。

変わったところを、お伝えしますね。

・考え方(型)というブロックを外された

個別面談を受けて外されたブロックは、「自分はこうだから」、「自分の好きなのは」、「自分風(流)には」という考え方(型または枠)です。
個性や強みは必要ですが、それとは別に「私はこうする」というスタンスに縛られていました。それがものの見事に打ち砕かれました(笑)
 今回の個別面談を受ける中で、自分でも意識していなかったこの縛りに気づかされました「高野さんのやりたくないって気持ち、そんなの僕は気にしないから(関係ないから)」と言われた言葉がとても心に残りました。好きとか嫌いとか、自分に向いているとか向いていないとか、ではなくやるべきかそうでないか、単純で基本的な考え方とそれに素直に従う行動パターンを学びました。
このこだわりが外れたことで、より効率的な目的に合った方法や作業を選択できるようになり、結果収益に結びついたと感じています。

・他の方の事例がかなり参考になった

 個別面談の中で、他の方の事例を聞くこともできました。結果学ぶことは1対1に比べ3倍(それ以上)の成果があったと確信しています。

個々のスタンスや各々のビジネスの進め方があり、1年を通してその進めかたの様子や構築されてく内容を表からも裏からも見れたこと、さらに試行錯誤の過程や指導の様子を生の空気で体感できたことは貴重な体験でした。

 特にご一緒させていただた古澤さんの場合、ビジネス構築の最初の段階からの取り組みだったため、ブログ作成,メルマガ作成,LP作成,販売 と基本的な作業の過程を一緒に経験できました、それを導いていく小澤さんのアドバイスや指導の様子(ああ、こうして作られていくのだ~)を見れたことはなによりの収穫です。

 小澤さんの発っする質問の内容や、アドバイスのタイミングや中身、その様子を傍らで見ることで、客観的に受け止め(その真意を想像し)ながら考え方や指導の仕方を学べたことは合同で面談を実施しなければ得られない体験でした。

もう一つ、その場に仲間がいることで1対1ではまともに受けてしまうプレッシャー(圧)を緩和し、お互いに励ましあい協力できる空気感があったことはとても助かりました。心から「楽しい」と感じる空間&時間だったのは、一緒にいてくれた仲間のおかげです。

<対面で受ける意味や価値はかなり大きいです>

 対面の価値は 圧倒的な指導者(小澤さん)のオーラです(^^、リモート(Zoomやチャット)でもオーラは感じますが、その効力の違いは歴然です。「会いに行く価値がある」何度もそう思わされました。

また、もうひとつの利点は、答えだけでなく答えに至るまでの過程が詳細に体験できることです。チャット等でも質疑応答や、段階的な答えの導き方の指導は受けれますが、もっと詳細な反応や様子をリアルに感じることができる、私にとってはこれが一番の魅力でした。
 具体的にいいうと質問した時の小澤さんの反応(表情)だったり、考える様子だったり、答えを返される時の空気感であったりです。
 大体の場合答えがストレートに示されることはなく、いつもひたすら考えさせられるシーンでした。あれやこれや自分達で答えを絞りだしながら結果にたどり着くパターンが多かったのですが、それを導きだす小澤さんの言葉やしぐさ&表情などをとても楽しんでいました。

今回の個別面談は、コロナの影響で東京に行くことができず、1/3はZoomでの開催でした。これはこれで利点も多かったのですが、回が重なると「ものたりない」と感じました。この足りない物(一概に言葉にできないもの)が対面で受ける価値だと思います。対面で受ける意味や価値これは是非ご自分で体感してください(^^)

<対面でなければ>

最後に、コンサルや指導を受けるには色々な形がありますが、1年間の対面コンサルを通して対面でなければ得られない何かを確実に実感しました。
交通費もかかるし、宿泊代もかかる、でも「会いに行く価値はある」と強く感じます。
圧倒的に得られるエネルギーが違うのです。(言葉で説明できない力が存在すると思います)これは是非体感するべきです。

2019年10月から始まった1年間ですが、コロナ禍で1/3がリモート(Zoom)実施になりました。最初は、これでも充分じゃない?と思ったのですが、回が重なるごとに足りないなにかを感じ始めました、リモートを経験しないと気付かなかったことだと思います。
おかげで、リアルで会える機会(チャンス)の尊さをより強く思い知らされました。

<自分のスタンスをもつこと>

教わったことは数え切れません。
自分が決めたことに自信をもつこと、考え方や選択に責任をもつこと
足りないところは教えをこう、学び続け成長する努力を止めないこと

そして、自分の色であり、強みであり、大事にしたいことも見つかりました。
なりたい自分があるのであれば是非、目の前のチャンスを掴んでほしいと思います。

現状の売上が低くても、大歓迎です

もしかしたら、「今の売上がまだ低くて、受けていいのかどうか…」と、迷っているのかもしれません。でも、りんごさんはお伝えしたように、「年間で6万円」の売上の状態で「年間個別指導」を受講されました。

現在の売上が「低いかもしれない…」と思っていても、僕は大歓迎。
りんごさんのように、売上をぐんと伸ばすことができます。

ただ、なかなか判断がつかないと思うので、遠慮なく面談等で相談してくださいね。
お待ちしております。

 

以下のボタンを押すと、「年間個別指導」の詳細ページに飛びます。

そのページ内に「面談申し込みフォーム」がありますので、遠慮なく相談ください。

©2020 株式会社ディスカバリー 特定商取引法プライバシーポリシー